ロゴ

公認会計士の資格をGETしよう〈努力を怠らないことが大切〉

HOME>レポート>公認会計士の学校はカリキュラム内容がてんこ盛り「資格を取ろう」

公認会計士の学校はカリキュラム内容がてんこ盛り「資格を取ろう」

女性

栄冠を勝ち取るために

ご存知の通り、公認会計士は弁護士と並んで文系資格では最難関に位置するものです。そんな公認会計士の資格を取るためには、どのようなルートで勉強を重ねていけばよいのでしょうか。まず1つは大学に通い会計学の基礎について精通することです。大学で一回会計学や周辺の経済学、経営学を体系付けて学ぶことによって、資格試験を始めたあとに一気に伸びることが期待できます。また有名な大学には会計サークルもあるので、そこで切磋琢磨し合う友達を見つけるのが良いでしょう。そして公認会計士の試験に向けた対策を本格的に始める頃になったら、資格の予備校か通信講座を取って試験の合格に必要な知識を一気に自分の中に養成していくことをオススメします。

電卓

通信講座の選び方

では、公認会計士試験合格を目指すための通信講座はどのような基準をもって選んでいけばよいのでしょうか。まず大切なことは、公認会計士の資格試験においてしっかりと長期に渡って実績が出ているところを選ぶことです。公認会計士の試験を突破した個人が自分の試験当時にやったことをカリキュラムとして販売しているケースもありますが、個人が作ったものがあなたにも当てはまるかは分かりません。そのため資格試験において長い実績のある講座を選ぶことが望ましいといえます。いくつかの候補に絞り込んだあとは、自分で実際に資料請求をしてみて、お試し教材などで自分にあうかどうかを試してみることが良いといえるでしょう。自分が数ヶ月使う教材なので慎重に選びましょう。